英検1級の面接対策法とおすすめ参考書!最短で一発合格を目指そう

英検1級

こんにちは、Soiです!

今回は、

英検1級の一次試験受かったけど、面接ってどんな対策をすればいいだろう…もう時間がない…

一次試験の結果はまだだけど、二次面接でのおすすめの参考書と勉強法があれば対策を始めたいな。

という方に、英検1級の面接対策法とおすすめ参考書について解説していきたいと思います。

英検1級の面接対策って、独学だと先生もいないし、そもそも一次に受かっているかも分からないので、気づいた時には「もう時間がない!」という方も多いのではないでしょうか。実際私もそうでした。

ということで、この記事では独学で可能な面接対策と勉強法についてお伝えしていきますよ。しっかり対策をすれば、残り2週間でも一発合格は可能です。

英検1級の2次面接について

まずは英検1級の二次面接について正しく知りましょう。

二次面接スピーキング
自由会話ー面接官と簡単な日常会話を行う
スピーチー与えられた5つのトピックから1つを選択し、2分間のスピーチを行う
Q&Aースピーチの内容や選択したトピックについて、面接官からの質問に5問ほど答える
試験時間ー上記3つで約10分
配点ー850スコア
ご存知の通り、二次面接はこの約10分にすべてが凝縮された勝負の10分です。たった10分で合否が決まりますので、胃が痛くなりますよね(笑)
つぎに大事な問題傾向についてです。

問題傾向について

英検1級二次面接の問題傾向ですが、ざっくりいうと社会性の高い幅広い分野についての議論の余地がある話題になります。例えばこんな感じ。

世界平和は実現可能か?
タバコは禁止されるべきか?
資本主義はもっと広められるべきか?
動物実験は禁止されるべきか?

どうですか?難しくないですか?議論の余地がある話題というのは、つまりこれといった正解がないトピックということです。ですので、あなたの意見を論理的に矛盾なく話す力が必要なのです。

boyちゃん
boyちゃん

待って、無理でしょ。難しすぎるよ!

大丈夫です。対策は後でちゃんと説明します。その前に、配点の詳細を見てみましょう。

配点の詳細

配点の詳細については以下の通りです。

スピーチ10点与えられたトピックの中から一つ選び、論点とその根拠をまとめ、首尾一貫したスピーチを組み立てることが求められます。
会話10点面接委員とのやり取りの中で、それぞれの質問に対して臨機応変に応答し、会話を継続させることが求められます。
文法と語彙10点面接を通して、幅広い範囲の語彙、文法を正確かつ適切に運用することが求められます。
発音10点面接を通して、発音・アクセント・イントネーションを正しく運用することが求められます。

これらすべてを意識して面接を突破していきます。どれかに特化しすぎても、おろそかにしてもダメです。全項目で8点以上を目指して、バランス型でいきます。

たった2週間で英検1級二次面接を一発合格する対策勉強法

それではついに、最短で英検1級二次面接を一発合格する対策法をお伝えします。それは、『出題トピックの得意ジャンルを作る』ことです。

boyちゃん2
boyちゃん2

出題トピックの得意ジャンル?

はい。英検1級二次試験では、試験官から5つのトピックが書かれた1枚のカードを渡され、そのトピック中から1つを選び、2分間のスピーチ及び質疑応答を行うということでしたね。

考えてみてください。何かのトピックについて2分間のスピーチ及び質疑応答となれば、正直日本語でもキツくないですか?トピックに対して深い知識と見解を要するからです。

ですから、自分が得意とするトピックを準備して、面接を自分の流れに持っていくことが非常に大切なんです。ちなみに、全ジャンルを網羅することはまず不可能です。

boyちゃん2
boyちゃん2

トピックに得意ジャンルが出なかったらどうするの?

もちろん、得意ジャンルは1つではダメです。私の場合、得意ジャンルはおよそ9つ。こんな感じです。

戦争/歴史の勉強/貧困/酒・たばこ/世界・日本経済/宇宙開発/文化/ギャンブル問題/宗教

この中の1つはほぼ確実に選択トピックの中には含まれています(過去問24回分確認済)。

また、5つのトピックの中に得意ジャンルが複数あった場合は、より得意なジャンルを選びましょう。そのため、得意ジャンルは順位付けする必要があります。

もう少し、得意ジャンルについて具体的に見ていきましょう。

得意ジャンルの整理方法

得意ジャンルの整理方法について具体的に話していきます。

まずは得意ジャンルを列挙し、それに対する持論を展開するノートを作成しましょう。なるべく面接までは毎日それに目を通したいので、私の場合ですと、整理ノートは手帳のノート欄がベストでした。

その際は過去問を用意し、過去に実際どのような問題が出題されていたのかを確認しながら、「これなら回答できそう」と思えるものを得意ジャンルにしていきます。

まだやり方が曖昧かもしれませんので、具体例でみていきましょう。私の得意ジャンルの一つ『タバコ』で整理の方法を例示しますね。ちなみにですが、私が実際に受けた面接トピックの中に『タバコは禁止されるべきか』が含まれていたので、一瞬選択しました(完全なる勝ちパターン)!

『タバコは禁止されるべきか』…NO
・フランスで行われた禁酒法では、むしろ酒の消費量が反動的に増加した。
⇒タバコも同じで、禁止されればむしろ反動が出てくる。さらにどうにか手に入れようとする人も出てくるので、裏社会が活発になる危険性がある。
・タバコ産業が消えれば確実に経済が縮小する。
⇒経済が縮小すれば失業率が増える。また、たばこ産業は寄付や慈善活動も活発的に行うことも多いため決して悪いことだけではない。
・政府はすでにたばこ税を十分に上げており、国民もそれの税金をちゃんと払っている。
⇒それでも欲しい人は吸うし、止める人は止めるから、禁止ではなく増税で対処するべき。また政府はたばこ税がなくなれば税金が減るので困るでしょ。

こんな感じで、とにかくどんどん得意ジャンルについて持論を整理していきましょう。

そして全て整理できましたら、毎日のスキマ時間にこの得意ジャンルの持論を見て記憶に焼き付けます。ですから、毎日見ることができる手帳などにメモすることが大切です。

面接対策におすすめの参考書

英検1級面接対策におすすめの参考書ですが、2冊のみです。それがこちら。

過去問と英作文対策用の練習問題を活用すれば面接対策は十分です。

しかし、やはり面接練習は面接官となる練習相手が必要なことは言うまでもありませんね。ですので、面接対策にはオンライン英会話を活用することが非常に効果的です。

面接対策におすすめのオンライン英会話と活用方法についてはこちらでまとめていますので、良ければ参考にしてみてください。

おわりに

英検1級の面接対策法とおすすめ参考書について、いかがでしたでしょうか。

この対策で最も大切なことは、

得意ジャンルについての社会性のあるトピックに日頃から目を光らせ、自分から情報を掴みにいくこと

です。

得意ジャンルの持論については、いつでも議論できるようにある程度の暗記は必要です。そのために、毎日目にする手帳にメモをすることが大切です。ちょっとしたスキマ時間に、得意ジャンルの持論を復唱したり整理、追加していきましょう。

ここまで読まれた方は、あとは実践あるのみですので、早速今日から取り組んでいきましょう。それでは英検1級二次面接、頑張ってくださいね!もうひと踏ん張りですよ!!!

タイトルとURLをコピーしました