釧路2泊3日のモデルコースを地元住民に聞いてみた【知床・硫黄山編】

旅行

こんにちは、Soiです!

今回は、

boyちゃん
boyちゃん

釧路に2泊3日で観光に行きたいけど、どんなコースがおすすめかな?

と考えている方のために、釧路2泊3日のモデルコースを地元住民に聞いてみたので紹介したいと思います。今回は知床・硫黄山編ということで、知床は外せないし、硫黄山も気になるという方におすすめです。

もちろん釧路中心部の紹介も含んでいますし、阿寒湖も訪れることもできますよ。他にも阿寒湖帯広や根室、3湖編もご用意していますので、自分の目的に合ったコースをお選びくださいね。

それでは早速見ていきましょう!

釧路1日目

釧路タンチョウ空港到着⇒阿寒湖温泉⇒知床

初日から少しハードで移動が多めですね。まず釧路タンチョウ空港に到着しましたら、レンタカーを借ります。そして国道240号線を通って知床方面に向かいます。

途中で阿寒湖温泉近くを通りますので少し寄り道してご飯を食べてもいいですね。阿寒湖温泉とは一帯が温泉街になっており、「阿寒湖温泉」ではありません。マリモが有名ですね。

阿寒湖温泉のあとは、知床に移動するだけです。知床の宿に向かって安全運転で向かいましょう。明日の旅に備えてゆっくり休んでください。

釧路2日目

知床5湖⇒カムイワッカの滝⇒硫黄山⇒スパカツ

まずは知床で有名な知床5湖です。熊が出現することもあり、無料開放は1湖までです。残りは有料ガイド付きでの散策になりますので、もし興味がある方は参加してみてもいいかもしれませんね。

ちなみにここで鹿肉バーガーを食べることができます。まだ鹿肉を食べたことがない方は記念に食べてみてはいかがでしょうか?^^

そして摩周湖と屈斜路湖の間のルートを通りますので、屈斜路湖近くのご飯屋さんでお昼にしましょう。『スズメ食堂&バル』は14:30までランチ営業をしており、体に優しいご飯を提供してくれます。

そのあと、すぐ近くの硫黄山(アトサヌプリ)に立ち寄りましょう。ここはランクCの活火山で、温泉卵が有名ですので売店が開いてましたら是非食べてみてください。お土産もたくさん売っていますよ。

知床の旅を満喫しましたら、釧路まで戻ります。そろそろ晩御飯の時間ですので、釧路名物『スパカツ」を食べます。かなりボリューミーなので、かなり空腹にさせとかないときついですね。スパかつは泉屋という喫茶が地元民には定番らしいです。

釧路3日目

いよいよ釧路とはお別れの時ですね。最後に一つしてほしいことがあります。釧路駅徒歩10分ほどの場所に”和商市場”がありますので、そこの『勝手丼』を食べて帰りましょう。

勝手丼とは、お刺身など自分の食べたいものを魚屋で買って、持ち込んだら海鮮丼にしてくれるというもの。すべてこの和商市場で完結しますので、色々回って見てみてください。

和商市場は8時から開いていますので、朝食として食べることができます。ここでお土産なども買うことができますので、時間を潰しながらお土産選びもいいですね。

私が愛用する航空券と宿泊予約におすすめなサイト

私が国内旅行をする際に活用する、航空券と宿泊予約ができるサイトは以下の通りです。

私の場合は上記サイトで比較検討してみて、なるべく安い航空券やホテルがあるサイトを活用しています。ちなみにですが、Hotels.comは10回利用で1泊無料ですので、宿泊においては私はなるべくHotels.comを使うようにしています。

今まで使用していたお気に入りのサイトがありましたら、引き続きそちらを活用してくださいね。

おわりに

釧路2泊3日のモデルコース【知床・硫黄山編】についていかがでしたでしょうか?

初日から少しハード目なスケジュールなのですが、せっかく旅行するならできる限りアクティブに回りたいですよね。もう少しゆっくり派という方は、要らない部分を削っていってカスタマイズしてみてください。

それでは釧路観光、楽しんでくださいね!

タイトルとURLをコピーしました