乳製品の健康効果を徹底解明!高血圧や糖尿病に効くカギは全脂乳?

健康

こんにちは、Soi(@soieigo_27)です!

今回は、

boyちゃん
boyちゃん

乳製品って健康のためにいいのかな?

どんな健康効果があるんだろう?

と考えている方に役立つであろう情報、乳製品の健康効果について解説していきます。

みなさん乳製品はお好きでしょうか?私は毎朝ヨーグルトを食べないと、一日が始まらないほど大好き!ちなみに前職も乳製品グループで輸入営業をしていたこともあり、乳製品とは切っても切れない存在なんですよね。

そんな私が今回取り上げたのは、BMJ Open Diabetes Research & Careに掲載された21か国の被験者190,000名を調査した国際大規模調査で、乳製品摂取と病気の発症率を調査したものです。この研究では、メタボリックシンドロームや高血圧、糖尿病に焦点を当て、乳製品摂取の関係を調べています。

私のブログでは、他にも日本語には訳されていない海外記事を翻訳し紹介しております。一人でも多くの人に、有益な情報を共有できればと思っています。

【Soi】=国立大英米文学出身、在学中多数の英米文学を翻訳。英検1級。

それではさっそく見ていきましょう!

乳製品の健康効果とは

BMJ Open Diabetes Research & Careに掲載された国際大規模調査によると、1日2回以上乳製品を摂取した場合、糖尿病や高血圧リスクの減少のみならず、心臓血管疾患リスク(メタボリックシンドローム)を高める要因群を減少させることが判明。

この効能を最も高めてくれるのは、全脂乳(低脂肪ではない)だと結果では示されました。

以前掲載されていた調査では、より多くの乳製品摂取が糖尿病、高血圧、およびメタボリックシンドロームのリスク低減を示唆していたということ。しかしこれらの研究は、北米とヨーロッパに焦点が当てられ、その他の国や地域は対象外でした。

これがさらに広範囲の国や地域にも当てはまるのかを調べるため、さらに被験者を増やしてProspective Urban Rural Epidemiology (PURE):コホート研究に参加してもらうよう働きかけています。その参加者は35~70歳まで、21か国から。

被験者の乳製品摂取アンケート

過去1年間での食事については、アンケートにより査定されています。乳製品には以下のものが含まれます。

牛乳・ヨーグルト・ヨーグルト飲料・チーズ・乳製品を使用した料理。

また、それらは全脂乳または低脂肪乳(1-2%)に分類。ある地域ではバターとクリームはあまり消費されないことから、それらは別々に査定されています。

また、これらの情報も集められています。

病歴・処方箋の有無・学歴・喫煙の有無・体重・身長・腹囲・血圧・血糖値

以下のメタボリックシンドローム5大要素のいずれかが、約113,000人に見られました。

血圧130/85 mm Hg 以上
腹囲80 cm以上
低レベル高密度コレステロール(1-1.3 mmol /l未満)
血中脂肪(トリグリセリド)1.7 mmol/dl 以上
血糖値5.5mmol/l以上

被験者の1日当たり乳製品平均摂取量は179gで、全脂肪が低脂肪の約2倍を占めていました。被験者の46,667名はメタボリックシンドロームであり、メタボ5大要素中3要素以上が当てはまっています。

調査から判明した乳製品の効能

乳製品(低脂肪は含まない)は、メタボリックシンドローム5大要素の有病率を、特に日ごろ乳製品摂取が少ない国において下げていることが判明しました。

1日2回以上の乳製品摂取は、メタボリックシンドロームのリスクを24%減少させ、しかも全く乳製品を摂取しないグループに比べ、全脂肪のみでは28%もの差が現れたということです。

約190,000名の被験者の健康状態が平均9年間もの間追跡され、その間13,640名が高血圧、5,351名が糖尿病になっています。

実験データで見えたことは、1日2回以上の乳製品摂取は高血圧、糖尿病リスクを11-12%減少させ、さらに1日3回の摂取だと13-14%減少させていました。これは低脂肪より全脂肪でより強い関係が見られたということです。

研究チームからのメッセージ

これはあくまで観察研究ですので、原因を確立させることはできないとのこと。

食事アンケートはリコールの対象になりますし、メタボリックシンドロームの変化は時間の経過を見て調査をされるわけでもありません。

しかしながら、研究メンバーは以下のように述べています。

もし我々の研究が十分な被験量かつ長期試験において確認されることになれば、低コストでメタボリックシンドローム、高血圧、糖尿病、最終的には心血管疾患を世界中で減少させる手立てになりうるし、それが現実的だという実証にもなりうる。

おわりに

乳製品の健康効果についていかがでしたでしょうか?

研究からも分かるように、1日2~3回程度の乳製品摂取はメタボ抑制や糖尿病、高血圧に有効であることが理解できたかと思います。もちろん、何事も摂りすぎはよくありませんが、意識的に摂取することはいいかもしれませんね。

Twitter(@soieigo)でもたまに役立つ海外記事を掲載しておりますので、よろしければフォローもどうぞ^^

タイトルとURLをコピーしました