【英検一次】直前対策で点数を伸ばす!1週間~当日までにやるべきこと

英検1級

こんにちは、Soi(@soieigo_27)です!

今回は、

やばい、英検一次試験がもう目の前まで迫ってきている!

直前対策では何をするべき?

という方のために、英検一次試験の直前にやるべき対策について解説していきます。

直前といっても、1週間前なのか、前日なのか、あるいは当日なのかで対策は変わってきますので、今回は期間別で解説をしていきます。先に結論だけ。

1週間前~3日前:ひたすら過去問・単語・苦手分野の重点対策
3日前~前日:ひたすら過去問と単語
当日:十分な睡眠と単語

これについて本文では深堀りしていきます。独学で英検1級に合格した経験から、少しでも参考になれば幸いです。

もし二次試験の直前対策についても知りたいという方は、こちらも参考にしてみてください。

それでは見ていきましょう!

英検一次1週間~3日前までにやるべきこと

英検一次1週間~3日前までにやるべきことはこちらでしたね。

ひたすら過去問・単語・苦手分野の重点対策

ただ基本的に、英語試験対策は常にこれをやるべきなんですよね。1か月前でも3か月前でも同じ。過去問・単語・苦手分野の重点対策をやっていれば、かなりいい線いくはず。

しいて言えば、この1週間前~3日前は、苦手分野の重点対策に比率を置くべきです。

なぜなら、実際の試験では『苦手分野』をなるべく作るべきではないからです。全てを平均以上にして、得意なところをグっと伸ばして補填するくらいが安心です。

boyちゃん
boyちゃん

直前で苦手分野の重点対策する意味ある?

もちろん、常に苦手分野の対策はしておくべきは前提です。ですが、ここの追い上げで苦手分野を対策することで、最後の追い上げとして効果的です。

今までの過去問対策もあり、何となくコツは掴めているはず。ここでしっかり「平均にする」くらいの気持ちでいいので追い上げていきます。

それでは次に、本番3日前~前日までにやるべきことに移りましょう。

英検本番3日前~前日までにやるべきこと

英検本番1週間~3日前までにやるべきことはこちらでしたね。

ひたすら過去問と単語

言葉通り、ひたすら過去問と単語暗記です。とにかく数を回して、問題集と単語帳を1問でも多く解くイメージで。

ここで重要なのは、今さら新しい問題集や単語帳には絶対に手を出さないこと。新しいものに触れるだけで脳は混乱しますし、脳エネルギーを使います。

ですから、ここでは今までやってきた過去問と単語帳を回していく。未だに空いている穴を埋めていくイメージ。同じ問題を解いて、ビルドアップしていきます。

boyちゃん
boyちゃん

同じ問題ばかり解いて意味あるの?

これが大ありなんです。新しい参考書を何冊も積み上げている人より、これと決めた参考書を10周する人の方が圧倒的に受かる可能性が高い。同じ問題を解く方が、理解が深まりますから。

そして試験に最も出やすい問題を反映しているのが、過去問ですよね。過去問を何周もする。これを徹底してください。

それでは最後に本番当日にやるべきことに移りましょう。

英検当日にやるべきこと

英検本番当日にやるべきことはこちらでしたね。

十分な睡眠と単語

この「十分な睡眠」が非常に重要です。

想像してほしいのが、例えば当日の夜中4時くらいまで必死に勉強して3時間くらいしか眠れず、目にくま作って試験を受ける人か、目はぱっちり気分も爽快な人が試験を受けるのか、どちらが合格しそうですか?

…想像の通りです。

要するに、本番では実力の120%を出さないといけないですから、それには寝不足の体では実行できません。これはもうアスリートに近いですよ。

ですから、『いかに前日眠ることができるか』に意識を向けることが対策でもあるんです。ちなみに私も試験を意識すると眠れないたちなので、こんなものを使用していました。

今すぐポチれば、間に合うのではないでしょうか?まあ物は自分が気に入ったやつで全然大丈夫ですよ。

要は、寝る前にリラックスして邪魔されずに眠ることが重要なんです(私の場合)。

ですから前日はいつも通り早めに寝て、脳を休ませることを意識してください。

そして、本番直前まで見るべきが単語です。もちろん、語彙パートで(もしかしたら)出るかもしれないというかすかな期待もありますが、それよりも、単語は全ての分野に通じる基礎だからです。

長文、リスニング、英作文にも使えるかもしれません。必死になって脳を疲れさせることは避けてほしいですが、やるべきは単語ですね。

おわりに

英検一次試験の直前にやるべき対策について、いかがでしたでしょうか?

やはり資格試験において大切なことは、『事前準備』これに限ります。数か月前から入念に計画を立て、地道に対策をしていく。直前は本来脳を完全に休めた方がいいくらいです。

しかしおそらくこの記事を読まれている方は、「やばい!もう時間がない!」と焦っている人が多いはず。ですので、記事に書いたように直前にやるべきことが効いてきます。直前でもできることはたくさんありますからね。

まだ直前ではない方は、他にも英検対策について記事を用意していますので、参考にしてみてください。

それでは英検一次、頑張ってくださいね!

タイトルとURLをコピーしました