【2020年版】TOEICおすすめ参考書まとめ!初心者でも800点超える

TOEIC

こんにちは、Soi(@soieigo_27)です!

今回は、

boyちゃん
boyちゃん

TOEIC初心者だけど、何の参考書を買えばいいのかな。

おすすめ参考書があれば知りたい。

と考えている方に向けて、初心者でも800点代まで駆け抜けるための、TOEICおすすめ参考書を紹介したいと思います。

この記事では、TOEIC初受験500点未満から一気に800点代まで伸ばした私が、初級~上級者まで幅広くおすすめできる実際に私が使用したTOEIC参考書を伝えていきます。

そして私が仮に「今」、TOEICを受験するとすれば、必ず活用するであろう参考書とツールも、最後に紹介しています。この記事のターゲットは、現在TOEIC400点~700点代の方を理想としています。

それではさっそく見ていきましょう!

800点を超えるためのTOEICおすすめ参考書

ここではパート毎にTOEICおすすめ参考書を紹介していきます。

もしTOEICの勉強法についても知りたいという方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

紹介の前に少しだけ、TOEIC各パートの説明もさせてください。

TOEICの問題構成

TOEICはリスニング・リーディングパートの2構成となっており、全体で120分の試験となっています。詳細はこちらです。

 リスニングパート約45分間 リーディングパート75分間
パート1写真描写問題6問パート5短文穴埋め問題30問
パート2応答問題25問パート6長文穴埋め問題16問
パート3会話問題39問パート71~3つの文書54問
パート4説明文問題30問

TOEICの詳細は先ほど挙げた記事に載せていますので、ここでは早速おすすめ参考書に移りましょう!

リスニングパートにおすすめの参考書

まずはリスニングパートから。

先ほど、パート毎に参考書を紹介していくと言いましたが、私が実際に活用したリスニング用の参考書は2冊のみです。まず1冊目は、超王道『TOEIC公式問題集』です。

TOEICを受験するなら公式問題集は必須です。リスニングのみではなく、もちろんリーディングにも使用します。できれば最新のものを1冊購入することをおすすめします。

続いて2冊目が『サラリーマン特急リスニングシリーズ』です。

こちらはリスニングパート1~4の問題・解説を網羅しており、忙しいサラリーマンでもきちんと対策ができるような設定で書かれています。

この2冊を5周繰り返せば、TOEIC問題にはかなり慣れてきます。これで私はリスニングパート96%を獲得できました。

次にパート5から見ていきましょう。

パート5におすすめの参考書

パート5におすすめの参考書は、もちろん公式問題集、に加えて『文法特急2 急所アタック編』です。

パート5に関してはとにかくサンプルが多ければ多いほどいいと思います。自分はパート5のどのような問題に弱いのか。これをあぶりだし、そこを徹底的に詰めるように勉強していきます。

と言っても、パート5は問題パターンが決まっています。このパターンを理解するために、それぞれやはり5周は心がけてください。

さらに『TOEIC(R)L&R TEST英単語スピードマスター』で語彙強化をしていきました。

語彙強化はパート5のみならず、すべてのパートに必須の知識ですので、対策は必要です。

パート6におすすめの参考書

パート6に必要な参考書は特にありません。

パート5対策に用意した急所アタック編にもパート6の問題は用意されていますので、公式問題集と合わせてそちらを活用しましょう。

パート7におすすめの参考書

パート7におすすめの参考書は、まずは公式問題集と、『新TOEIC TEST 読解 特急3 上級編 新TOEIC TEST 読解特急』、『TOEIC L & R TEST 読解特急5 ダブルパッセージ編 』です。

私の場合、公式問題集のパート7の問題に飽きてしまったので、新しい問題に挑戦したいと思い、後からこの2冊を購入しました(それほど公式問題集を繰り返したということです^^)。

ですので、まずは公式問題集のパート7を3周はするようにしてください。さらに時間があって新しい問題に挑戦したいという方は、この2冊をおすすめします。

と言ってもパート7にはダブルパッセージが2問しかありませんので、上級編の方が個人的にはおすすめですね。

今TOEICを受験するなら、私はこの参考書を買う

それでは、私が「今」TOEICを受験するとすればどの参考書を購入するのか。

もちろん上に挙げた参考書は必須だとして、こちらもおすすめできます。

リスニングパートにおすすめの参考書

リスニングパートにおすすめの参考書ですが、『はじめて受けるTOEIC(R) L&Rテスト 全パート完全攻略』は、かなり初心者向けで分かりやすいです。

こちらの目標点は600点+αで730点になっていますが、リスニングの解説が非常に丁寧です。なので、まずは基礎を知るうえで大変参考になるはずです。まずはこちらでTOEICリスニングの仕組みを理解をして、公式問題集をどんどん解いていってもいいですね。

リーディングパートにおすすめの参考書

リーディングパートにおすすめの参考書ですが、まずは『TOEIC(R)テスト Part 5 できる人、できない人の頭の中 TTTスーパー講師シリーズ』です。

こちらはTOEIC界では有名なTEX加藤さんが執筆した新書です。

パート5の問題と、それに対する超具体的な解説を説明しており、まさに初心者向け。そして、たとえ上級者でも読んでおいて損はない1冊になっています。

次に『世界一わかりやすいTOEICテストの英文法』です。

こちらもTOEIC界では有名な関先生による著書で、英文法についてかなり詳しく解説されています。パート5、パート7、さらにはリスニングパートにまで応用できる知識です。

また、ここに紹介した参考書は全てKindle unlimitedで無料で読めます。もし今のうちに読んでおきたいという方であれば、1か月は無料で読み放題ですので早速Kindle unlimitedに登録しておくのがいいと思います。1週間くらいでサクッと読んじゃいましょう↓

TOEICにおすすめのアプリ

今まではTOEIC対策におすすめの参考書を紹介してきましたが、アプリも優良のものがありますので最後に軽く紹介しておきます。

それは、【スタディサプリ ENGLISH】 です。

今では知らない人はいないかもしれませんね。スタディサプリには日常会話コースやビジネスコースなどがありますが、もちろんTOEIC対策コースを選びます。

TOEICといえばの関先生が、動画でも各問題、パートの解説をしています。このスタディサプリは長期で活用するのではなく、必要部分を勉強したら解約するのがいいです。

ですので、この1週間無料期間を活用し、各パートの関先生の解説動画のみでも見てください。
かなり参考になるはずです。

おわりに

TOEICおすすめの参考書について、いかがでしたでしょうか。

TOEICは正しい対策を行えば、誰でも800点は超えられる試験だと思っています。

あれこれと手を出すのはやめて、まずはここで紹介されたものをそろえて、同じ問題を何回も繰り返し解いてみてください。3か月あれば十分に数はこなせるはずです。

800点以上の目標をしっかりと見据えて、これからも勉強がんばってくださいね!

タイトルとURLをコピーしました