【レビュー】dTVをVOD歴7年の私が2年間利用した感想を書いてみた

動画配信サービス

こんにちは、Soiです!

今回は、

dTVの入会を考えているけど、実際の体験者の声を聞きたいな。

と考えている方のために、VOD歴7年の私が、2年間のdTV利用経験をもとにメリット・デメリットも含めたレビューをしていきたいと思います。

各VODの比較についてはまとめ記事を書くので、気になる方はもう少しお待ちください^^

それでは早速見ていきましょう!

dTVのレビュー

まず結論から述べますと、dTVはコスパ最強です。

なぜ最強かと言いますと、月額500円で約12万の作品が見られるからです。

こちらにdTVについてまとめてみました。

動画配信サービスdTV
作品数約12万本
月額料金500円(税抜)
無料体験31日間
字幕日本語

通常、月額料金が安価なVODは作品数が少ない傾向にあります。

特に私の場合は海外ドラマ目当てで1日1~2本は見ているのですが、dTVでは2年間は飽きずに続けることができました。

ラインアップのセンスも悪くありません。

2年間で辞めた理由は、dTV内の見たい海外ドラマ作品を見つくしたからなのですが、国内ドラマや映画も楽しみたいという方はもっと継続すると思います。

dTVのメリット・デメリット

dTVのメリットとデメリットはこんな感じです。

メリット①:月額500円という低価格
メリット②:約12万という豊富な作品数
メリット③:31日間の無料体験

デメリット①:日本語字幕のみ

それぞれ見ていきましょう。

dTVのメリット

dTVのメリットはやはり圧倒的なコスパです。

月額500円というのは競合ではAmazonプライムと並び最安値となっています(Amazon年会員だとAmazonが少し安いです)。

Amazonにはない作品も多く、またHuluやNetflixにもない作品ももちろんあります。合えば本当にコスパがいいです。

さらに、ただでさえ安いのに31日間の無料体験も用意されています。

実際に体験してみて、本当に使えるかどうかの見極めができる点も、評価できますね。

勇者ヨシヒコ

dTVのデメリット

dTVに英語字幕はありません。これはAmazonプライムでも同じですね。

海外ドラマで英語を勉強したい、という方はNetflixなど英語字幕があるVODがおすすめですが、単純に作品を楽しみたいという方は、dTVで十分だと思います。

dTVで見れるおすすめ海外ドラマ

dTVで見れるおすすめ海外ドラマを紹介していきます。

24 -TWENTY FOUR-

「24」の文字通り、1話1時間を流れるストーリで、1シーズン24話でその日1日を描いたストーリーです。人間の欲望、裏切り、哀しみを繊細に表現するドラマで、私が一番好きな作品です。最近dTVでも配信されるようになっています。

ウォーキング・デッド

いわゆるゾンビ系ドラマです。しかし、ただゾンビを倒していくわけではありません。究極に追い込まれた時の人間の行動や心理が上手く描かれ、ヒューマンドラマ的な側面もあります。めちゃめちゃ面白いですよ。

プリズンブレイク

脱獄系ドラマです。3大海外ドラマの一つと言われるだけあり、毎回ハラハラする内容の作品となっています。無実の罪を着せられた兄を救う弟マイケルが、とにかくイケメンです笑。

 

 

5年前にはSUITSやHEROESもあったのですが、今はないみたいですね。

代わりにLOSTが見れるようになっています。

LOSTも3大海外ドラマの一つで、私も見たい作品なんですよね。

まとめ

dTVのレビューはいかがでしたでしょうか?

まとめると、dTVはとにかくコスパがいいです。

HuluやU-NEXTなどで見ている作品がdTVにあって、英語字幕を利用しないのであればすぐに乗り換えてもいいと思います。

それでは引き続きVOD生活を楽しんくださいね!

タイトルとURLをコピーしました