【学生必見】留学をすれば英語は自然と話せるようになるのか

英語学習

こんにちは、soiです!

今回は、

・留学さえすれば英語は自然とペラペラになるのかな?

・英語が話せるようになるには留学はやっぱり必要?

と考えている方向けに、留学をすれば自然と英語はペラペラに話せるようになるのか、ということについてお話していきたいと思います。

この記事を読むことで留学の必要性を真剣に考えていただき、また留学をすることのメリットも知っていただきたいと思います。そのあとで本当に英語が話せるようになるためには留学は必要条件なのかということをご自身で判断してもらいたいと思います。

ちなみに私は留学経験がありませんが、国立大英文学部卒業後、総合商社3年⇒国際空港にて海外VIP機オペレーターとして留学経験者と同様にネイティブと仕事をし、TOEIC930・通訳案内士1次英語合格・英検1級を保有しています。職業柄、同僚に留学経験者が多いので実態ベースでお話していきますね。

それでは早速見ていきましょう!

留学をすれば英語は自然と話せるようになるのか

留学をすれば英語は自然と話せるようになるのか、ですが結論から申しますと「ならない」です。もちろん留学せずに日本でも特に勉強しないのであれば、留学をしたほうがある程度はマシです。しかし、特に準備もなくただただ『留学』するだけではほとんど効果はないと思ってください。

待って、でも英語ペラペラの人はみんな留学しているよ?

確かに、英語ペラペラの人に留学の有無を聞いたら高確率で留学経験ありかもしれませんね。しかし、留学してペラペラになった人は相当の努力をしてきた人だと断言できます。逆に実は留学経験ありだけど、実際あまり話せなくてそれが周りには知られていないという人もたくさんいます。私の周りにも留学経験がある人は多かったですが、うまく話せる人と、本当に留学したの?っていう人はいます。統計データはありませんが、留学で成功した人と結局しゃべれるようにならなかった人は半々くらいなのではないでしょうか。

留学して成功した人は、日中は学校で授業を受け、帰宅したらひたすら勉強の繰り返しという人が多い印象です。韓国人、中国人の友達も英語を話せる人は相当勉強してきた人がほとんどで、総じて韓国人や中国人は英語が話せる人のレベルが高いです。

逆に留学しても話せない人は、現地をただ楽しんだり、『留学』に意味があると思っているのか費用対効果を得ようと必死に勉強してこなかった人が多いですね。

留学しなくても英語は話せるようになるのか

それでは留学しなくても英語は話せるようになるのでしょうか?答えは、「相当の努力は必要だが、努力次第では話せるようになる」です。私も留学経験はなく、大学時代に1か月間アメリカに短期留学をしただけです。それでも社会に出てからは留学経験者と同様に英語を使用して仕事をしております。

でも留学しないとネイティブにはなれないよね?

これについては残念ながら、留学したとしてもネイティブにはなれません。大人になって第二言語を勉強した人がネイティブになれるのか、という研究はたくさん行われておりますが、結果的にかなり近づくことができても完全にネイティブのように言語を使用することは難しいという結論ばかりです。研究対象は数十年現地に在住している人が多いため、残念ながら1~2年の留学はまず無理だと思ってもらっていいです。

では留学なしでどのすれば英語を話せるようになるのか?それは、英語初心者であれば『第二言語習得論』に基づき勉強する、中級者以上であればアウトプット中心の勉強をすることです。

『第二言語習得論』は他の記事で詳しく解説しておりますが、簡単にいえば科学的に正しいとされる第二言語の勉強法です。 中級者以上の方はある程度インプットがしっかりしているかと思いますので、アウトプットを中心に英語を使用してください。特におすすめなのはオンライン英会話でひたすら英語を話すことです。また、インプットも完全にやめてはいけません。常に英語はインプットする必要があります。

留学するメリットとは

留学のメリットについてですが、最大のメリットは英語漬けの環境に身を置くことができることです。日本では手に入れることが難しい環境を、留学するだけで手に入れることができるということはかなりのプラスです。そして次に、現地の人や文化を体験できることにより、学習意欲を刺激されることです。英語圏を本当の意味で好きになれば、帰国してからも英語の勉強が続きやすいです。

だったら留学するだけで英語ペラペラになりそうだけど..!

それは間違いです。留学をして英語が話せるようになる人は、この利点を最大限活用できる人なのです。ではどのようにこの利点を最大限活用できるか?ですが、それは日本である程度英語をマスターしてから留学をすることです。授業はもちろん英語で行われますし、クラスメートとの会話も英語です。「初めの数か月は意味が分からず無駄に過ごしてしまった」「英語が嫌になり日本の友達とばかり過ごしてしまった」となればもう失敗パターンですね。

そして留学したら『勉強第一』を掲げて過ごす必要があります。友達と過ごすにしても、どこかに遊びに行くとしても、すべてが学習につながるという意識が大切です。この大切な期間をぼーっと過ごしたり、日本人コミュニティに依存したりすると、確実に留学の意味の大半を失うことになるのです。初めの数か月をくじかないようにするためにも、日本での事前の勉強が必須なのです。

まとめ:留学前の準備、留学中の過ごし方で成否は決まる

留学をすれば英語は自然と話せるようになるのか、いかがでしたでしょうか?この記事を簡単にまとめます。

  • 留学で成功した人は留学しながら相当の勉強をした人だけ
  • 留学しなくても正しい勉強をすれば英語は話せるようになる
  • 留学のメリットを最大限活用できる人だけが成功する

英語が話せるようになるには留学が全て、と思っていた人はこの記事を参考にもう一度留学について考えてほしいと思います。そして留学するとなれば、必ず成功させるために事前準備、留学中の過ごし方を意識してくださいね。

それでは英語が話せるようになるよう一緒にがんばりましょう!

タイトルとURLをコピーしました