英語ができる人の英語学習法を調査【科学的に正しい英語学習スタイルを解説】

英語学習

こんにちは、Soi(@soieigo_27)です!

今回は、

boyちゃん
boyちゃん

英語ができる人ってどんな勉強しているんだろう?英語ができるようになるための勉強法が知りたい!

と考えている方向けに、科学的に正しい英語学習スタイルについて解説していきたいと思います。この記事を読むことで、科学的に正しい英語の勉強スタイルを身に付けて、英語が得意になるための手助けができればと思っています。

今回の主張にはトルコの学生106名に行った学習スタイルに関する調査と自身の経験を基に、科学的に正しい英語勉強のやり方を紹介していきます。

英語ができる人の学習方法についての調査

英語ができる人の学習方法気になりますよね。もちろん英語の勉強方法は人の数ほど種々様々で、これといった特定をすることは非常に難しいのですが、成功している学習者の勉強方法についての調査は行われています。

まず結論から言いますと、英語ができるようになるためにするべき英語学習法は、柔軟な学習スタイルで勉強に取り組むことです。幅広いスタイルで柔軟に学習に取り組める学習者は、より効率的に英語を習得できると多くの調査で指摘されています。

boyちゃん2
boyちゃん2

待って、柔軟な学習スタイル?話に追いつかないよ。

解説しますね。まず「学習スタイル」というのは、例えばある人はずっと英語の本を読んでリーディングにより英語力を高めたり、またある人はニュースでリスニングにより英語力を高めるなど、個々人が行う学習スタイルのことですね。

つまり、「幅広いスタイルで柔軟に学習に取り組む」ということは、自分が得意な学習スタイルに捉われず様々なアプローチにより学習を行うことです。そしてこの学習スタイルを柔軟に変えることができる能力を第二言語習得論の研究では「スタイル拡張」と呼びます。

学習スタイルに関する調査研究

このスタイル拡張に関する調査がトルコで行われています。

トルコの大学生英語学習者106人に自身の学習スタイルに関する質問と英語4技能を用いた試験を行いました。すると、試験結果が良かった学習者の学習スタイルの幅は、成績が劣った学習者に比べ2倍近くあったということです。

つまり、英語学習で成功する学習者は、スタイル拡張能力が高いということになります。

それでは、我々はどのようにして学習スタイルを拡張すればよいのでしょうか。

英語学習で成功するための学習スタイルを拡張させる方法

学習スタイルを拡張させる方法として、以下のステップで実践可能です。

  1. 自分の好きな学習スタイルを明確にする
  2. 英語4技能を得意順にランク付けする
  3. 得意/不得意なスタイルと不得意/得意なスキルを組み合わせる
  4. (3)を参考に学習内容を選定し、実際に学習を行う
  5. (4)の振り返りを行う

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1.自分の好きな学習スタイルを明確にする

自分の学習スタイルを振り返り、どの学習スタイルが好きなのかを明確にします。初めにも述べましたが、例えば一人で机に向かって学習するのが好きなのか、それともリスニングが好きなのか、または大人数と会話する学習が好きなのか、です。

2.英語4技能を得意順にランク付けする

英語4技能を得意順にランク付けしましょう。例えば、リーディング⇒リスニング⇒スピーキング⇒ライティングという風にです。

3.得意/不得意なスタイルと不得意/得意なスキルを組み合わせる

ここが一番重要になります。例えば、得意なスタイルが一人で机に向かうスタイルだとすれば、苦手なライティングを組み合わせる、という感じです。逆に大人数でのグループが苦手でしたら、グループ学習で得意なリーディングを行ったりリスニングをする学習法になります。

4.(3)を参考に学習内容を選定し、実際に学習を行う

スタイルとスキルを組み合わせたら、その学習方法を実践に移しましょう。しっかりと計画を立てて、少なくとも2週間は継続してみます。

5.(4)の振り返りを行う

実践した学習方法の振り返りを行います。達成度、難易度、今後の課題などを自己評価し、必要であれば改善をしてサイクルを回しましょう。学習方法に正解はありませんから、なるべく様々な取り組みを行い、適切だと思われる学習法を模索していきます。

まとめ

英語ができる人の科学的に正しい英語学習スタイルについていかがでしたでしょうか。

人はどうしても自分の好きな学習スタイルで得意なスキルを伸ばしてしまう傾向にあります。一人で行う学習が好きでリーディングが得意なのであれば、リーディングばかりが身についてしまい、苦手なスピーキングやライティングがなかなか伸びないということになります。

それを回避するために、あえて苦手な分野を得意な分野に組み入れることで、あまり負荷をかけずに学習を継続することができるのです。

私も大学生の頃から英語学習は独学で実践していましたが、その時々により学習法は常に変えてきました。PDCAサイクルを回すことを心がけ、なるべく英語4技能を万遍なく継続させることが、英語上達の成功法と今でも思っています。

英語学習に悩んでいる方も、これを参考にこれからも英語の勉強頑張っていきましょう!

タイトルとURLをコピーしました