元商社マンが仕事で成功するために20代でやっておきたいこと10選を紹介

仕事術

こんにちは、Soiです!

今回は、

僕は20代前半なのですが、仕事で成功するために20代のうちにやっておくべきことってありますか?

と考えている方のために、仕事で成功するために20代でやっておきたい10のことについて話していきたいと思います。

ちなみにこれを書く私ですが、元商社営業にて2年目で社長特別賞、現在は海外VIPフライト支援員に転職をして、各国首相や超有名企業社長などVIP相手に働く空港勤務リーマンです。

営業職の方や、会社で成功したいと考える20代前半の方に特に参考になればと思います。

それでは早速見ていきましょう!

初めは圧倒的な量で仕事を高速で覚えていく

新卒や働き始めの頃はまず知識と経験が圧倒的に足りません。完全に教わる側です。

ですから、1日でも早く一人前になれるように、初めのスタートダッシュを爆速で切るのです。

新卒の時に定時で帰るとかはもったいない。

この時期に多くを経験し仕事を覚えていくことで、後々楽になること間違いなしです。

若さは武器と認識して、失敗してもいいからとりあえず挑戦する

若さは武器です。これは完全なる20代の特権。

ですから、色んなことに挑戦すべき。失敗が不安だからとびくびくする暇なんてありません。

失敗は誰でもします。私も数々の失敗をやらかしてきました。

しかし、それよりも挑戦に意識を向けます。やりたい事業があれば積極的に参加するし、会社が無理だと思っていた顧客にも知らず顔でアタックすることもできます。

怖いもの知らずを活かすこと。

給料をもらっている以上はその仕事のプロフェッショナルだと自覚する

あなたは、会社から「給料」というお金で買われています。

つまり、会社はあなたに投資しているんです。そのことは意識するべき。

すると、自然とプロ意識が芽生えませんか?自分に払われている以上の仕事をしないと、会社にとっては損な買い物になるんです。

ですから、自分を買い続けてくれる会社に感謝しつつ、成果で恩返しをするんです。

まずは直属上司からすべてを吸収し、次にグループ1-3位の「自分の型に似ている」と思う先輩を真似る

20代はとにかく経験がないので、まずは一番身近な先輩から吸収すること。

そのあと、ある程度身についてきたら、自分がなりたいと思う優秀な先輩、しかも自分が現実的になれそうな型を持つ先輩を真似るんです。

例えば話し方、考え方、提案の仕方。その方が自分で勉強していくよりも、圧倒的に成長します。

自分の強みを理解して、得意な分野で勝負する

自分の得意な畑で仕事をすることは非常に重要。

というのも、苦手な分野だとどうしてもキャパ以上の能力が必要になり、負け癖がついてしまうから。自分の強みとは、自分が好きなことややってて楽しいと思えること、そしてそれに対し成果が伸びている分野。

もし自分の強みが全く分からないという方は、こちらで客観的にあぶり出すことができますので、時間があればやってみてはいかがでしょうか。

20代で成功するには、この「得意な分野で勝負する」というのは最重要です。

調べたらわかることをいちいち聞かない

何でもかんでもすぐ人に聞いてしまう人がいますが、よくないですね。

もちろん、働き始めは経験も知識もないので、どれだけ考えても結論がでないと判断したときにはすぐに誰かを捕まえて質問するべき。

ですが、「調べたら分かるでしょ」レベルを聞いてしまうのは、聞かれる人の時間も自分の成長も阻害しています。

なるべく自分でわかるものは、自分で解決するべき。

長期・短期計画を作り目に見える場所に書いて定期的に確認する

目標、そしてそれに対する短期・長期計画を持つことは非常に重要です。

計画がない人は成長スピードが遅くなります。私のおすすめは半年後、1年後、2年後、3年後…10年後と事細かく計画を立てること。

それをいつでも見えるように手帳に記載するのです。

あとは目標に向かって計画を実行していくだけ。これだけで圧倒的スピードで成長できます。

生意気だけどかわいい後輩になる

20代は若い。年上からしたらまだまだお子ちゃま、子供です。

ですから、ここはしっかり若さの特権を活かすべきです。不満があれば堂々と発言すればいいですし、理不尽なことを言われたら言い返せばいいのです。

そして先輩になつくこと。

色々な面でやはり勝てないですし、いざとなった時に助けてもらえるよう、かわいい後輩になるべきですね。

会議では「違うかもしれませんが」でいいので積極的に発言していく

若いから会議では聞くだけの参加者。

これは完全に甘えです。むしろ邪魔。会議に参加するのであれば、最低1発言はするよう心掛けてください。

若い意見は意外と参考になりますし、上からも「おっ」という反応を貰えるのでアピールには最適な場所なんです。

知ったかぶりに発言するのはどうかと思いますが、間違ってもいいので「違うかもしれませんが」「これが私の意見ですが」というように、前置きしてでも発言します。

いざとなればいつでも転職できるように、常時転職活動には目を光らせておく

会社に勤めながら転職活動なんて!とは思わない方がいいです。

会社にいる時「だからこそ」転職活動をするべきなんです。

というのは、就活の際に焦ってしまうのは、就職できないと無職になるから。後がない状況なんです。ですが、働きながらだとのんびり気楽に他社の情報や採用条件を見ることができます。

また、さらに良い会社に転職しようとする意識は非常に健康的なこと。

それをすることにより、今の会社でも120%の力を発揮して働けるんです。

今の会社だけで後がないとしがみついていては、いい仕事はできないですよね。

おわりに

仕事で成功するために20代前半でやっておくべきこと10選、いかがでしたでしょうか?

最後に全てを見やすくまとめて終わりにしたいと思います。ドドン。

①初めは圧倒的な量で仕事を高速で覚えていく
②若さは武器と認識して、失敗してもいいからとりあえず挑戦する
③給料をもらっている以上はその仕事のプロフェッショナルだと自覚する
④まずは直属上司からすべてを吸収し、次にグループ1-3位の「自分の型に似ている」と思う先輩を真似る
⑤自分の強みを理解して、得意な分野で勝負する
調べたらわかることをいちいち人に聞かない
⑥ワークライフバランスはそこまで気にしない、上り坂をダッシュし続ける
⑦長期・短期計画を作り目に見える場所に書いて定期的に確認する
⑧生意気だけどかわいい後輩になる
⑨会議では「違うかもしれませんが」でいいので積極的に発言していく
⑩いざとなればいつでも転職できるように、常時転職活動には目を光らせておく

ぜひ参考にしてみてくださいね!

タイトルとURLをコピーしました